こんにちは。実はこの話、以前に「コピーライターになるな!求人広告の反響で悩むすべての人事担当者たちへ」という記事で書いてました(笑)

まぁ、なので細かなところは書きません。先日ペルソナの話をしたので、やはり4つの打ち出しの話も触れとかないとなと思い、記事にしてみました。

というのも、ペルソナを深堀っていくと、なんだかよくわからなくなってくる時があります。広告づくりに慣れていない方(人事の皆さんなど)であれば、特に頭が混乱してくる瞬間があると思います。結局誰が欲しいんだっけ?ペルソナって何だ!?もーわけがわからん…、なんてなってきます。たぶん、必ずなります。僕もたぶんなります(笑)

そうなった時にぜひ、この冒頭の図を使ってみてください。

4つの打ち出し方 ←冒頭の図をダウンロードできます。

求人広告の打ち出しは4つしかない

4つしかないなんて、なかなか過激な発言ですが、だいたいこの4つしかありません。だから、思い描いたペルソナへ向けて、4つのどのタイプでアピールするかを決めればいいのです。もし、応募の反響がおもわしくなければ、他のタイプで試してみる。4つを試してもまったく応募がないのであれば、社内の改善や条件の見直しが必要かもしれません。

いろいろなことが想定されますが、基本的に求人広告のキャッチコピーの打ち出し方は4つだけである。まずはそこから始めてみてはいかがでしょうか。

ホントのところを言えば、求人広告の視点は4つどころか無数にあります。企業の魅力が4つだけなんてことはありません。ただ、悩み過ぎて頭がパンクしてしまうくらいなら、一度シンプルに考えてみることも大事です。

だから4つにしました。

よければダウンロードして社内で使って頂ければ嬉しく思います。

今日は短めで。ではでは。

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2017
スポンサーリンク
おすすめの記事