「 採用手法 」一覧

スポンサーリンク
実は「安定」アピールの求人広告ってターゲットずれてないか問題。

実は「安定」アピールの求人広告ってターゲットずれてないか問題。

おかげさまで最近は、本サイトを通じたご縁に恵まれ、他ではなかなか得られない貴重な出会いの機会をいただいております。僕からアポイントを取ろうと思っても、なかなか出会えないだろうな~と思う縁ばかりで、本当に感謝の毎日でございます。 そんなこんなで、本サイトも盛り上げてい...

やる気重視の採用なのにスグ辞める…。その悲劇を回避する4つの視点

やる気重視の採用なのにスグ辞める…。その悲劇を回避する4つの視点

毎日求人広告を作っていますが、よく聞く話のひとつに「最近の若者のやる気」話になります。私ももう30代も後半……、若者?といえばそうですが、中年といえばそれもそう。どちらにも良い顔をできる特権的年代です(笑) クライアント先では、だいたい 「この仕事はさ~、ガッツが...

悩んだときはコレ!求人広告は4つのタイプのどれかに当てはまる

悩んだときはコレ!求人広告は4つのタイプのどれかに当てはまる

こんにちは。実はこの話、以前に「コピーライターになるな!求人広告の反響で悩むすべての人事担当者たちへ」という記事で書いてました(笑) まぁ、なので細かなところは書きません。先日ペルソナの話をしたので、やはり4つの打ち出しの話も触れとかないとなと思い、記事にしてみまし...

心に届くメッセージの鍵は具体性!求人広告のコツは「裏付け」にアリ!

心に届くメッセージの鍵は具体性!求人広告のコツは「裏付け」にアリ!

求人広告の打ち出し(原稿のテーマ)は大きく分けて4つあります。 ■企業(社長)のビジョンを伝える ■仕事の醍醐味を伝える ■職場の環境を伝える ■条件の魅力を伝える 世の中に掲載されている求人広告は、だいたいこの4つのどれかひとつをキャッチコピーにしています。試...

人事必読!混ぜるな危険!「2つのペルソナ」が引き起こす採用の落とし穴!

人事必読!混ぜるな危険!「2つのペルソナ」が引き起こす採用の落とし穴!

広告やマーケティングを勉強してる方ならば、おそらく誰もが知っている「ペルソナ」の手法。以前、ペルソナについての記事<求人広告での「ペルソナ」について書いていこうと思う。>も書かせて頂きましたが、ペルソナって最初のうちは楽しいのですが、本気でやると結構むずかしい。ハズす時は...

これだけでOK!キャッチコピーの極意《求人広告の作り方》

これだけでOK!キャッチコピーの極意《求人広告の作り方》

私の立ち位置は、採用成功に繋がる実践とか実行ですから、おのずと「即効性」「実効性」にこだわった内容になっていきます。なので、直接的なノウハウやら採用手法の話が多くはなってくるんです。ただ、本音でいえば、もっと本質的な採用の考え方についても触れたいと思っています。 例...

Googleから学ぶ中小企業に必要な採用成功を切り開く「採用基準」

Googleから学ぶ中小企業に必要な採用成功を切り開く「採用基準」

週の初め、月曜の朝礼……各部署の連絡事項が終わり、いつものように社長のありがたいひと言が始まる。 「え~、私が思うに、会社というものは……」 あ〜ウチの社長、またどこかのビジネス本に影響されてる……。 あれ、この話って、今売れてるあのビジネス本に書いてあ...

今すぐ人が欲しい!そんな社長は論外!冷静に考えて欲しい「採用スケジュール」の話

今すぐ人が欲しい!そんな社長は論外!冷静に考えて欲しい「採用スケジュール」の話

蒸し暑くなってきましたね。もう気持ちはすっかり夏です。そろそろ夏休みの予定を考え始めている時期ではないでしょうか。最近は早割のサービスが浸透していますから、早い人はもう夏の旅行先の手配を完了していたりもすると思います。 プライベートな遊びの予定は、サクサク前倒しで計...

ストーリーを語る「採用」へ。条件提示採用からキャリアプラン提案型採用へ。

ストーリーを語る「採用」へ。条件提示採用からキャリアプラン提案型採用へ。

「人材確保」は「集客」よりも重要 採用成功のひとつの目安は、一人あたりの採用費、つまり「費用対効果」です。 前年よりも安く抑えられれば、人事部としては満足のゆくところでもあります。しかし、採用はその時々の経済推移や社会情勢、そして世代別労働人口に影響を受けます。近年、本格...

求人広告での「ペルソナ」について書いていこうと思う。

求人広告での「ペルソナ」について書いていこうと思う。

求人広告はラブレターなんて話があります。採用は恋愛に似ています。一方的な恋だけでは叶いません。無理やり金に物を言わせても、やがて離れていきます。運命の出会い…、とまでは言いませんが、それでも相思相愛の相手を探すこと。それが採用の成功への一歩です。 広告やマーケティン...

「なぜ当社を志望したのですか」はもう禁止しちゃえば?

「なぜ当社を志望したのですか」はもう禁止しちゃえば?

会社にとって、本当に欲しいと願う人材を考えてますか?広告やマーケティングの現場で昔からよく使われる手法に「ペルソナ(採用ターゲット)」と呼ばれる考え方があります。 ペルソナの考え方を「採用」に取り入れると驚くほど採用は一変します。ホントにビックリします。それまでモヤモヤして...

知らないと損をする!?これからの採用のカタチ「インバウンドマーケティング採用」

知らないと損をする!?これからの採用のカタチ「インバウンドマーケティング採用」

インバウンドマーケティング(Inbound Marketing)って言葉がずいぶん聞かれるようになりました。え?聞いたことないって?そうですか。でもきっと聞けば「ああ~はいはい」となると思います。 インバウンドマーケティングとは、自社の様々な情報をブログやニュースや...

霜降り具合で応募するかッ!求人広告の写真を舐めたらあかんぜよ!

霜降り具合で応募するかッ!求人広告の写真を舐めたらあかんぜよ!

文字から写真、写真から動画へ。求人広告の最近のトレンドはやはり「動画」でしょうか。スマホの普及で携帯電話からでもサクサク動画が見れるようになり、にわかに浮きたつ求人広告業界。動画で「ご応募待ってま~す」なんて簡単なひと言でも、今の若者には応募へのキッカケに繋がるかもしれな...

求人ライターが入社初日に受ける新人研修が何気に役に立つ件

求人ライターが入社初日に受ける新人研修が何気に役に立つ件

こんにちは。 最近「coconala(ココナラ)」という「知識・スキルを売り買いできる」オンラインマーケットを始めたsekine kouです。 《10,000件以上の求人広告に携わってきた「プロライター」が御社の求人広告を添削します》というタイ...

「資格欄」に熱い想いを2つ以上書かない方がいい理由

「資格欄」に熱い想いを2つ以上書かない方がいい理由

明るく元気で笑顔溢れる方 コミュニケーション能力の高い方 チームワークを大切にできる方 全力で仕事に取り組める方 何事にも前向きで取り組むことができる方 誠実に素直に仕事に向き合える方 会社の中心としてみんなを引っ張っていってくれるような方 会社のムードメーカー...

まだ言ってるの?「有効求人倍率」なんて意味ないよ!

まだ言ってるの?「有効求人倍率」なんて意味ないよ!

日々求人業界で語られる「有効求人倍率」。いまさら説明するのも億劫ですが、というよりは、正直いまだにこの指針の意味がわからず興味もわかないというのが本音です。ようは1つの企業に対し、何人の求職者がいるか。そういう話です。 しかしこのデータ、求人業界で実際どう活用してい...

五感を刺激する者が求人を制す!求人広告のコツ教えます!

五感を刺激する者が求人を制す!求人広告のコツ教えます!

ダメな求人広告ってなんでしょう。 そりゃもちろん!反響がないことですし、応募者が来ないことですし、最終的には採用に至らないことですよね。応募の電話はそこそこ鳴るんだけど、誰一人面接に来ない。なんてこともあれば、面接には来るんだけれど、どいつもこいつも採用したいと思う人じゃな...

こんなの待ってた!採用目的チェックシート<無料進呈>

こんなの待ってた!採用目的チェックシート<無料進呈>

無料プレゼント!採用目的チェックシート 人が欲しい!採用したい!と思っても、スグには採用しない経営者の方と、先を見越してどんどん採用してしまう経営者の方と、大きく分けて2つパターンがあるかと思います。どちらが良いとか悪いとか、そういった話は今回はしませんが、例えばフ...

「最高の会社です!」←じゃぁ、なんで辞めるんだ論

「最高の会社です!」←じゃぁ、なんで辞めるんだ論

自社の採用が採用難であればあるほど、できるだけ良く会社を見せようと、求職者に媚を売り始めます。良い環境をアピールし、良い採用条件をアピールし、何とか応募者を集めようとします。そりゃ当然です。だって、応募がなきゃ話にならない。選びようがない。 応募がない会社ほど、...

米国で激増する「配属先は後々採用」は日本で通用するか。

米国で激増する「配属先は後々採用」は日本で通用するか。

何かと最先端のものはアメリカから日本にやってくる、なんてイメージがありますが、それは採用手法についても同じようです。米国では、近年の激戦化する新卒採用の新手法として、業務内容を具体的に決めずに採用し、社内で様々な業務に携わった後に配属先を決める「配属先は後々採用」...

無料と侮るなかれ!!効果倍増の「自動返信メール(サンクスメール)」の本気の使い方!その2

無料と侮るなかれ!!効果倍増の「自動返信メール(サンクスメール)」の本気の使い方!その2

以前、自動返信メール(サンクスメール)を使うことで、採用率や面接率が飛躍的に上がる!という記事を書きました。データとしてどれほど上がるのか、というよりも、実践を考えた「テンプレート」の無料公開の要素な強い記事です。 ■え?使ってないの?無料なのに効果...

まだ気づかないの?「会社にフィットする人材」を求める経営者が“ダメ社長”と囁かれる理由

まだ気づかないの?「会社にフィットする人材」を求める経営者が“ダメ社長”と囁かれる理由

これまで、たくさんの採用の現場で中小企業の経営者の方々とお会いしてきました。当時、まだまだ若手の制作マンだった私の話を真剣に聞いてくれた社長さん。緊張でしどろもどろになりながらもプレゼンした後、「よし!その企画で求人を出してみよう」と後押しをしてくれた社長さん。淡...

それ騙されてますよッ!!「集客論(PV数)」を語るプロに注意せよ!

それ騙されてますよッ!!「集客論(PV数)」を語るプロに注意せよ!

このブログを読んでいるみなさんの多くは、会社の人事に携わっているか、もしくは経営をされている方がほとんどでしょうか。今日お話しする内容は、求人メディアで語られる「集客」についての話です。 インターネットの世界ではとりわけ「集客論」が良く語られます。PV数とい...

コピーライターになるな!求人広告の反響で悩むすべての人事担当者たちへ

コピーライターになるな!求人広告の反響で悩むすべての人事担当者たちへ

人事担当者の仕事とは何でしょう。大企業であれば、専任の人事担当者を置き、中途や新卒採用だけではなく、人事異動や退職・入社のフォローなど、日常のあやゆる人事ごとの手配や広報を行っていることでしょう。社内報があるような大きな会社では、毎月の締切に追われることもしばしば...

インターネットに期待しすぎ!?頭を柔らかくする目から鱗の求人広告

インターネットに期待しすぎ!?頭を柔らかくする目から鱗の求人広告

世界の斬新な求人広告 今日は面白い紹介記事をあったので、ご紹介させて頂きたいと思います。中身を引用しちゃうのもいかがなものかと思ったので、詳細はリンクをぜひご覧ください。 何かと言いますと、インターネットを使わない“世界の斬新な求人広告”のご紹介です。 ...

そろそろヤメにしませんか!?「仮面採用」が招くドロ沼採用

そろそろヤメにしませんか!?「仮面採用」が招くドロ沼採用

求人を出したい企業から募集の条件や仕事内容を頂戴して、それをひとつの広告にまとめて出稿する。それが求人広告制作マン(求人ライター)の仕事です。一般に広告というサービスには、伝えたい内容をわかりやすく発信する“情報誌”としての側面と、もうひとつ、できるだけ多くの人の目に触れ...

第一弾!!今日から使える求人ポスター≪無料配布中≫

第一弾!!今日から使える求人ポスター≪無料配布中≫

採用についてアレコレと語っている当ブログ。まぁ、とりあえず理論やウンチクはいろいろあれど「まずは求人募集の張り紙から採用活動を始めたい。」そんな店主さんやオーナーさんもいらっしゃると思います。店内や店先の募集ポスターから応募が来れば、採用費はゼロ円ですし。地元で採用できる...

面接官必見!面接に効く“5つのツボ”教えます。

面接官必見!面接に効く“5つのツボ”教えます。

面接とは“知らない者同士”が初めて接する、重要なファーストコンタクト。採用となれば、ある一定期間以上(あるいは定年まで)同じ職場で働くわけですから、面接で悪い印象を与えたなんて最悪です。これは求職者だけではなく、面接官にとっても同じことです。今回は~面接官が大切にしたい5...

採用条件「パソコンが使える人」に隠された罠

採用条件「パソコンが使える人」に隠された罠

■コミュニケーションがある人 ■パソコンが使える人 ■会社の雰囲気に合う人 人材募集する際に、よく見る「募集条件ベスト3!」というわけではないのですが、上記の3つのワードは“求める人物像”を語る際に、クライアイントからよく言われる条件です...

恋が下手なら採用も下手!?求人は働く人へのラブレター!

恋が下手なら採用も下手!?求人は働く人へのラブレター!

恋愛も人材採用も「出会い」を求める意味では同じこと。まだ見ぬ、運命の相手を探し求めるのは、それなりに大変な作業です。まぁ、恋愛であれば「偶然の出会い」に運命を預けるのもステキな選択かもしれません。しかしながら、会社運営ではそうも言ってられません。いつまでも偶然の出会いを待...

まさかウチの会社が!?反響ゼロを生み出す[テンプレート求人」

まさかウチの会社が!?反響ゼロを生み出す[テンプレート求人」

アルバイト探しや転職活動などで、誰もが一度は目にする「求人広告」。当ブログを読んで頂いているみなさんは、企業の人事担当者、あるいは経営者の方がほとんどでしょう。そうなると、他の一般的な会社員よりも、多くの求人広告に触れているわけですが、こんなことを思ったことありませんか?...

スポンサーリンク