「 キャッチコピー 」一覧

スポンサーリンク
視点を変えれば、求人広告が変わる。求人のコツ教えます。

視点を変えれば、求人広告が変わる。求人のコツ教えます。

僕とお会いしたことがある方であれば、この「とあるパン工場の求人広告」は見覚えがあるかと思います。だいたいは初めてお会いする方に自己紹介代わりに、この求人広告をお見せしています。(※ちなみにコチラは応募はできませんのでご注意ください) さて、このパン工場、いったいどこ...

心に届くメッセージの鍵は具体性!求人広告のコツは「裏付け」にアリ!

心に届くメッセージの鍵は具体性!求人広告のコツは「裏付け」にアリ!

求人広告の打ち出し(原稿のテーマ)は大きく分けて4つあります。 ■企業(社長)のビジョンを伝える ■仕事の醍醐味を伝える ■職場の環境を伝える ■条件の魅力を伝える 世の中に掲載されている求人広告は、だいたいこの4つのどれかひとつをキャッチコピーにしています。試...

これだけでOK!キャッチコピーの極意《求人広告の作り方》

これだけでOK!キャッチコピーの極意《求人広告の作り方》

私の立ち位置は、採用成功に繋がる実践とか実行ですから、おのずと「即効性」「実効性」にこだわった内容になっていきます。なので、直接的なノウハウやら採用手法の話が多くはなってくるんです。ただ、本音でいえば、もっと本質的な採用の考え方についても触れたいと思っています。 例...

これを読めば解決!スラスラ文章が書ける方法<怒りの弾丸編>

これを読めば解決!スラスラ文章が書ける方法<怒りの弾丸編>

この仕事で飯を食ってるとはいえ、あまり文章力のない自分がライターを名乗っているのは、なかなかこそばゆいモノです。小学校時代は毎度、国語の居残り勉強をさせられていたことは今でも脳裏に焼き付いて離れません。体育の次に苦手科目の国語。そんな少年がやがてライターと名のつく仕事に就...

[箸休めコラム]名コピーライターを目指す前に肝に銘じるべき、たったひとつの約束

[箸休めコラム]名コピーライターを目指す前に肝に銘じるべき、たったひとつの約束

  もともとライター業を営んでいるとはいえ、やはりこうしてWEBサイトを自分で立ち上げて、考えを巡らせながら、採用のあれこれを書いていく作業は、なかなか大変です。本当はなかなか骨が折れます。と書こうとしたのですが「骨が折れる」の使い方これであってたっけ?などと思い、さら...

五感を刺激する者が求人を制す!求人広告のコツ教えます!

五感を刺激する者が求人を制す!求人広告のコツ教えます!

ダメな求人広告ってなんでしょう。 そりゃもちろん!反響がないことですし、応募者が来ないことですし、最終的には採用に至らないことですよね。応募の電話はそこそこ鳴るんだけど、誰一人面接に来ない。なんてこともあれば、面接には来るんだけれど、どいつもこいつも採用したいと思う人じゃな...

コピーライターになるな!求人広告の反響で悩むすべての人事担当者たちへ

コピーライターになるな!求人広告の反響で悩むすべての人事担当者たちへ

人事担当者の仕事とは何でしょう。大企業であれば、専任の人事担当者を置き、中途や新卒採用だけではなく、人事異動や退職・入社のフォローなど、日常のあやゆる人事ごとの手配や広報を行っていることでしょう。社内報があるような大きな会社では、毎月の締切に追われることもしばしば...

恋が下手なら採用も下手!?求人は働く人へのラブレター!

恋が下手なら採用も下手!?求人は働く人へのラブレター!

恋愛も人材採用も「出会い」を求める意味では同じこと。まだ見ぬ、運命の相手を探し求めるのは、それなりに大変な作業です。まぁ、恋愛であれば「偶然の出会い」に運命を預けるのもステキな選択かもしれません。しかしながら、会社運営ではそうも言ってられません。いつまでも偶然の出会いを待...

まさかウチの会社が!?反響ゼロを生み出す[テンプレート求人」

まさかウチの会社が!?反響ゼロを生み出す[テンプレート求人」

アルバイト探しや転職活動などで、誰もが一度は目にする「求人広告」。当ブログを読んで頂いているみなさんは、企業の人事担当者、あるいは経営者の方がほとんどでしょう。そうなると、他の一般的な会社員よりも、多くの求人広告に触れているわけですが、こんなことを思ったことありませんか?...

スポンサーリンク