「響け!求人広告ライターの本音」は求人広告ライター「関根コウ」が個人で運営する採用支援WEBマガジンです。求人広告&採用ホームページ作りの虎の巻を公開中!

これを読めば解決!スラスラ文章が書ける方法<怒りの弾丸編>

今すぐシェア

この仕事で飯を食ってるとはいえ、あまり文章力のない自分がライターを名乗っているのは、なかなかこそばゆいモノです。小学校時代は毎度、国語の居残り勉強をさせられていたことは今でも脳裏に焼き付いて離れません。体育の次に苦手科目の国語。そんな少年がやがてライターと名のつく仕事に就くとは誰が想像できたでしょうか。あの頃お世話になった先生が知ったらさぞ驚くことでしょう。

さて、そんな私ではありますが、たまに「文章の書き方」について質問されることがあります。このサイトでも以前ブログがスラスラ書ける!初心者ライター向け「文章の書き方講座」なんて偉そうなタイトルの記事を恥ずかしくも書きおとしておりましたが、文章を書けない!!!と悩む人の多くは、書けない理由をよくわかっていない。と、思うのです。書きたいことがわからなくて筆が進まないのか、それとも、書きたいことはあるのに文章が浮かばないのか。今日は後者の方々の悩みを解決する秘策。実は本当はスラスラ書ける癖に、なんだかカッコつけようとしちゃって筆が進まない。今日はアナタに向けた話です。

スポンサーリンク




てにおは完全無視!超ライターになるには「怒れ」!

怒りが足りねぇ!次回、悟飯!ついに伝説の超サイ○人へ…。なんて話ではありません。以前も書きましたが、そもそも何を書いていいのかわからなければ文章を書くのは難しい。そのような場合はまずはネタ探しから始めるのが近道です。探したネタをサクッと文章化するテクニックはブログがスラスラ書ける!初心者ライター向け「文章の書き方講座」←ここをぜひ。

今回は、ネタがあるのに何だか書けない!そんな方が陥っている思考をリセットしていきたいと思います。ぜひ、気を楽~に読み進めてください。

<想像してください>

アナタはとても怒ってます。ネットで美味しそうな高級ステーキ肉を探していました。そこで見つけたステーキセット。値段もなかなかリーズナブル。早速注文し翌日無事配達完了。もうお腹がペコペコです。アナタはステーキの為に前日から断食をしていたのです。空腹は最高のスパイス。焦る気持ちを抑え、段ボールを開けてみると…なんと!「ステッキセット」キェ――!!オシャレで高級なステッキが…。すぐさま販売しているサイトを確認したところ、明らかに「ステーキセット」の文字。そうです。誤植だったのです。アナタの怒りはMAXです。スーパーMAXです。セットなのでステッキがいっぱいです。こんなにいらない!そこで、すぐ販売元にメールです!アナタの心の底からの怒りをぶつけます。そう、アナタの想いを文章で書きだしていくのです!

さて、どうですか?想像できましたか?例が悪いですか(笑)

目の前の文章は書けないで悩んでいても、いざ、クレームとなれば話は別。思いの丈をスラスラ書ける自分を想像できませんか?書きたいことが定まっているから書ける!それもあります。しかし、それ以上に、オシャレにカッコよく書こうとしないから書ける!感情に任せたから書ける!実はそんな心理的なマジックがあります。名だたる文豪のように…。憧れのエッセイストさんのように…。そんなプロ作家さんたちのような文章は意識せずに、書きたいことを感情に任せて書いていく。まずはそこから始めてみてはいかがでしょうか。

書きたいことがある。そこには「感情」があります。

あなたがもし、単にブログサイトで儲けたいだけで、文章を書くことが目的ではないのなら、無理に書くことはありません。外注ライターにお願いをして文章を手配した方が手っ取り早いです。でも、そうでない場合。何かを伝えたくて文章を書きたい場合。そこには少なからず感情があるはずです。使命感かもしれません。訴えたいことなら、怒りかもしれない。悲しみかもしれないし、喜びや感動かもしれません。そういった書きたい内容の「感情」を膨らませて、その力を借りてまずは想いをテキスト化していく。文章を書く第一歩としては非常に有効です。どんなに不細工な文章であっても、文字化されていれば、修正ができますし、書きなおすこともできます。大切なのは、文字に落としていくこと。

感情に任せてやってしまう…。なんだか良い意味合いではあまり使わない言葉ですが、文章を書く第一歩として有意義だと思っています。だって、書きたいことがあるってそういうことだから。ただ、ひとつ!書きあがった文章を読み返さずに、ネットに載せたり誰かに送ったりしちゃってクレームにならないように(笑)。ちゃんと読み返してくださいね。まずは読み返せるように「文章を書いていく」作業の話でした。

今日はこの辺で。ではでは。

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2017